太陽光を使った自家発電を利用するならオフグリッドソーラー

太陽光発電装置を取り付けることで、どんな家庭でも自家発電ができると考えている人は多いようです。しかし、通常の太陽光発電では完全な自家発電はできません。
昼間は太陽が出ているので太陽光発電が可能ですが、夜中はできません。そのため、昼間に発電した電気を蓄えておく必要があるのです。ですが、太陽光発電で蓄電できる容量は微々たるもので、完全な自家発電にはなりません。

そこで、太陽光での自家発電生活を考えているならこちらがおすすめです。
太陽光発電の中にはバッテリーを備えて発電した電気を蓄えて、発電できない夜中も電気を賄う方法があります。
通常の系統連結型システムの太陽光発電ではなく、独立型システムの太陽光発電です。街灯での利用等が主流ですが、個人でも利用する人が増えてきています。家庭の電気を完全に自家発電するのは難しいですが、家庭菜園や車庫の電気など、ちょっとした明かりが欲しいときなどに役立ちます。

オフグリッドソーラーでは家庭用の独立型太陽光発電を扱っているので、自家発電に興味のある人はちょうどいいソーラーパネルを探してみるといいでしょう。独立型は系統連結型に比べて用意しないといけないものが多いため、設置のときには専門家の力を借りて正しく設置しましょう。


太陽光発電ならXSOL

太陽光発電原発事故により、各地の原発が停止または稼働を中止するなど電力供給に不安がつのる毎日です。電気は今や生活には欠かせないエネルギーとなっていますが、現在の電力発電には限界が生じています。
今、注目を浴びている太陽光発電。たくさんのメーカーが参入しています。果たして自分の企業あるいは自宅にはどんなものがいいのか?
基本的な太陽光発電についての知識があなたにはありますか?
例えば、自宅に太陽光発電を設置をする場合には支援制度があります。それは「住宅用補助金制度」というもの。国や都道府県、市区町村が補助金を出しています。
しかし、補助金の額は地域によって違います。その方法も複雑です。補助金について言えるのは3か所から支給されること。国と都そしてお住いの区からも支給されます。そうなれば、支給額も結構な額になります。
XSOL(エクソル)はWEBサイトでは一押しです)このような様々な情報をXSOLのサイトをご覧になるとわかります。

ちなみに補助金をもらうには申請する必要があります。それには工事前にする場合も工事後にする場合も同じです。必要な書類を揃えておく。記入したらコピーを1通取っておきましょう。原本は郵送。受理決定通知書が届きますから、大切に保管しましょう。


太陽光発電のリスクについて

太陽光発電が流行しているのですが、本当にお得といえるのでしょうか。太陽光発電は確かに電気料金は自宅でまかなえるようになるのですが、設置工事費という初期費用の金額は非常に大きな負担になります。太陽光発電で儲けたいと考えているのであれば、工事費用からのマイナススタートになるということは頭に入れておくべきだと思います。工事費用につきましては業者次第ですので、マイナススタートを軽くする為にも料金の確認は慎重に行なうべきです。

太陽光発電を設置しても、発電量には環境が左右されるという事も気をつけておくべきです。太陽が落ちている夜間は発電ができませんし、日照量が低下する曇りや雨の日などは発電量も低下します。まれなトラブルとして、近隣に高層マンションなどが出来て自宅に太陽光が当たらないという事になりますと太陽光発電が著しく阻害されてしまいます。万が一このような事になってしまったら、相手側の業者相手に損害を訴える必要が出てきます。

太陽光発電はこのようなリスクが隠されているのですが、それでも1年を通して電力会社への買取収益を見るとプラスになるようです。毎月の安定収入には不向きかもしれませんが確実な収入を求めるなら有効な手段といえます。